スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP



最近ジミヘンよくみない?( ゜д゜)

最近CDショップでもネットでもそうだけどよくみません?(。-`ω-)

気のせいかなぁ(。-`ω-)

2141600155d69c4e9.jpg

音源の権利がごちゃごちゃだったこともあってリリースしにくい状態にあったらしいけど、ウィキペディアみたら”2009年9月18日、EXPERIENCE HENDRIXの音源の権利を米国ソニー・ミュージックエンタテインメントが獲得したことを発表。2010年1月1日より全ての権利がSMEに移行した。これにより、日本盤はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルを通じてリリースされる予定である。”って書かれてた(*^-^)

だから再発盤や新規企画盤のCDとかライブDVD、BDが売り出されまくってるのかな?( ゜д゜)

でも毎年なんかしらでてるよね(。-`ω-)

ただ今年のリリースの量が結構あるからたぶんそうだよね(。-`ω-)

亡くなって40年目ってのもなにか関係あるのかな?(。-`ω-)

ただ影響力、技術、センス、スター性、歴史に残るギターリスト・アーティストにとっての要素をすべてかねそろえ、史上最高のロックギタリストと呼ばれる天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(James Marshall "Jimi" Hendrix)の作品は、特設がつくられおいてあっても不思議ではないんですけどね.:゚+(ΦωΦ) ニヤニャン


↑1分からはじまります(o*。_。)oペコッ

気になったのが押尾学の事件とジミヘンの死と謎が若干かぶってる(。-`ω-)

押尾学と一緒にいて亡くなった女性とジミヘンの関係性と死因は違うけど

ヘンドリックスの死の直前、ヘンドリックスと同室にいたダンネマンからエリック・バードン(アニマルズ)に、「ジミの様子がおかしい」との電話がかかってきたという。バードンが「すぐ医者(救急車)を呼べ」と促したのに対し、ダンネマンは「部屋にドラッグがあるから呼べない」という旨の返事をしたという(バードンの談話)。

ってウィキペディアに書いてあった(。-`ω-)

押尾学もこんなやりとりあったし(。-`ω-)

薬物でバッドモードにはいってたのかな?わかんないけど最終的には人って自分を守ることを考えるんだろうね。

とりあえず芸能人と薬物の関係はまだまだありそう(。-`ω-)



モンタレーのライブはガチです+.Σd(>∀<*)♪゚+.゚

個人的にはジミーペイジが一番好きです(*´Д`*)

またね(o*。_。)oペコッ

テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽

2010/03/13 04:59 | *ミューージック*(*бωб*)♪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。